コンテンツ

福島県立福島工業高校 合格 Hさん

私は、Ⅰ期受験という受験方法で県立の高校を受けました。Ⅰ期受験は、面接と作文また小論文の二つで構成されています。

面接では、私は何を聞かれてもいいように、多くの先生と面接練習を行いました。また、自分の行く高校の志望動機を綿密に考えました。試験開始前には、面接ガイドを入念にチェックし、動作の最終確認をしました。

作文では、過去の入試問題を何度も解いたり、国語の先生に添削してもらったりしました。

来年は、試験制度が変わりますが、筆記試験の場合だと一年生の問題から三年生の問題までが満遍なく出ると思います。予習と復習のサイクルを継続していった方が良いと思います。

最後に受験生のみなさん、まだ時間があるので、自分の苦手なところの復習や得意なところをより伸ばす勉強を頑張ってみてください。